バイアグラ 飲んではいけない人は?

バイアグラ(シルデナフィル)を使用する際、特定の健康状態や医薬品との相互作用により、バイアグラを服用すべきでない人がいます。以下は、バイアグラを服用してはいけない場合や慎重に使用すべき場合の一般的なガイドラインですが、医師の指示に従うことが最も重要です:

  1. ニトログリセリンまたは他の硝酸剤の使用:

    • ニトログリセリンや他の硝酸剤(心臓疾患の治療に使用される薬物)とバイアグラを併用すると、血圧の急激な低下を引き起こす可能性があり、危険です。
  2. 心臓疾患:

    • 重篤な心臓疾患(心臓発作、不整脈、不安定狭心症など)のある場合、バイアグラを使用する前に医師と相談が必要です。
  3. 重度の低血圧:

    • 低血圧の症状がある場合、バイアグラの使用は避けるべきです。
  4. 視力に関する問題:

    • 一部の視力に関する疾患(網膜色素変性症など)がある場合、バイアグラの使用により視力障害が悪化する可能性があるため、医師と相談が必要です。
  5. 重度の肝臓疾患:

    • 重度の肝臓障害がある場合、バイアグラの代謝が遅れる可能性があり、適切な用量の調整が必要です。
  6. 重度の腎臓疾患:

    • 重度の腎臓障害がある場合、バイアグラの代謝が遅れる可能性があり、適切な用量の調整が必要です。
  7. アレルギー:

    • バイアグラまたはその成分に対するアレルギー反応がある場合、使用すべきではありません。
  8. 幼児や未成年:

    • バイアグラは未成年者には処方されるべきではありません。
  9. 妊娠または授乳中の女性:

    • バイアグラは妊娠中や授乳中の女性には推奨されません。

これらの健康状態がある場合、バイアグラを使用する前に医師と相談し、適切な治療法や代替薬の検討が重要です。また、他の処方薬や非処方薬を服用している場合、相互作用の可能性について医師と話し合うことが重要です。自己処方せず、医師の指導を受けることをお勧めします。

渋谷でバイアグラを入手

バイアグラについて » 渋谷ウエストクリニック

バイアグラについて(クエン酸シルデナフィル) バイアグラ、バイアグラジェネリックの入手はED専門の外来がおトクです。

新宿でバイアグラを入手

バイアグラ処方 – バイアグラは新宿ウエストクリニック

バイアグラはヴィアトリス製薬(ファイザー社)正規品を取り扱っています。日本で承認された1999年の翌年からバイアグラ処方実績。