バイアグラの飲まない方がいい時は?

バイアグラ(シルデナフィル)を服用しない方が良い場合がいくつかあります。以下に、バイアグラを服用すべきでない場合や慎重に考慮すべき場合をいくつか示します。ただし、最終的な判断は医師が患者の具体的な状態を評価した上で行うべきです。

ニトログリセリンおよびニトライト製剤の服用:

  • バイアグラとニトログリセリン、ニトライトなどのニトロ製剤を併用すると、極度の低血圧を引き起こす可能性があるため、これらの薬を服用している場合は避けるべきです。

低血圧:

  • 低血圧の方は、バイアグラの使用に注意を払う必要があります。バイアグラは血圧を一時的に下げることがあるため、低血圧がさらに低下する可能性があります。

重度の視覚障害:

  • 一部の重度の視覚障害を持つ患者は、バイアグラを使用する際に注意が必要です。バイアグラは視覚障害を引き起こすことがあるため、このような状態がある場合は医師に相談すべきです。

重度の肝臓疾患:

  • 肝臓機能が著しく低下している場合、バイアグラの代謝が影響を受ける可能性があるため、医師と相談すべきです。

アレルギー反応:

  • シルデナフィルまたはバイアグラの成分にアレルギー反応がある場合、バイアグラは避けるべきです。

バイアグラの服用前に、医師による評価を受けることが非常に重要です。医師は患者の健康状態と医薬品の相互作用を評価し、バイアグラの適切な使用に関するアドバイスを提供します。自己判断や友人の勧めに従う代わりに、専門家の意見を受けることが安全で適切な方法です。

バイアグラ処方 – バイアグラは新宿ウエストクリニック

バイアグラはヴィアトリス製薬(ファイザー社)正規品を取り扱っています。日本で承認された1999年の翌年からバイアグラ処方実績。