●はな 題名:Dr.Mさま 投稿日 : 2002年3月27日<水>10時41分 返信

前出のけいさんへのレスをみて、もしや?と思うところがありましたので質問させていただきます。内容は勃起不全についてです。
自分は25歳のプロスポーツ選手です。恥ずかしながら普通の方よりも多くの性交渉をおこなってきたとおもいます。十代の頃は十分な硬度をえることができたのですが(その頃から性欲はそんなにありませんでした)最近はめっきり勃起しづらくなりました。また、勃起するにはするのですが、持続力がなく、ささいなことで萎えてしまいます。最近はオナニーもあまりすることがなくなったのですが、その仕方に、もしかして問題があるのでは?とおもってメールを書きました。
僕は想像でオナニーするタイプなのですが、その想像の中には僕は出現しません。要するに、好きな女性(あるいは芸能人)と他の人間がセックスしているところを想像して自慰に励みます。自分の視線で想像すると、見たい角度などで女性を見ることが出来ず不満足だからです。言うなれば想像のAVです。先日、はじめてこのオナニーが変わっているということを友人に指摘され知りました。レスでは『オナニーの仕方をなおす』とありましたが、具体的にどのようになおしたらいいのでしょうか?年齢的にもまだバイアグラは使用したくはありません。その他にも効果的なアドバイス(例えば亜鉛の服用など)がありましたらどうぞ宜しくお願いします。
————————————————————————
Res:Dr.M 題名:性欲が問題かもしれません 投稿日 : 2002年3月27日<水>16時56分

いままで、男性の自慰の悩みを多く受けてきましたが、
今やAVでするのが主流でイメージでされる方は少ないでしょうから
とても少数派だとは思います。
それも自分が登場しないというのもユニークですね。
でも、それらが勃起不全の原因になることはまずないでしょう。

私が先に回答しました特異なオナニーの仕方というのは、
射精の時の状態が膣のイメージとあまりにかけ離れすぎているようなことです。
勃起状態をあえて萎えさせて床に擦って射精するとかです。

イメージで行うオナニーは質的にはとてもいいと思いますよ。
画像を見ないと脳内イメージが高まるからです。
脳内イメージというものは感性には必須の要素でしょうね。
この話とはあまり関係ないのですが、
私はテレビのあきれ果てるような騒がしい番組の氾濫が、
日本人の感性をかなり低下させているのではと憂国しています(右翼じゃないけど)。

今の状態はむしろ、あなたの性欲が問題のような気がします。
十分な性欲はあるのですか?

贅沢な話ですが性的に餓えた状態がなさ過ぎて、
性欲が落ちることもあるでしょうね。
人間、いつでも美味しいものが食べられると思えば食欲も減退します。

バイアグラも性欲が無いと効きがわるくなります。
性欲を高める方向がいいのではないかと思います。

Res:はな 題名:ありがとうございました 投稿日 : 2002年3月28日<木>18時24分

この度は、お忙しい中、迅速な返答まことにありがとうございました。大変参考になりました。そのなかでいくつか教えていただきたいことがございましたので、かさねて質問させていただきます。
たしかに僕は性欲に餓えていた状態というのは思春期からほとんどありませんでした。とくにセックスしたいという願望があったわけでもないのですが、まわりには常に女性がいたと思います。いまとなってはむしろ恥ずかしいことなのですが、相当の数の女性と肌を重ねてきました。二十歳をこえてからは半ば義務感でセックスしてきたのかもしれません。
そこで、お伺いしたのですが、『性欲を高める方向がよい』とありましたが、具体的にはどうしたらよいのでしょうか?例えば、1年間女性を抱かないとか、オナニーを一切しないとかそういったことなのでしょうか?
それと、普段の生活習慣で、勃起にとって妨げになる行動や、プラスになることなどがありましたら、かさねてアドバイスをお願い致します。しつこいようですが、バイアグラにはまだ抵抗があります。

Res:Dr.M 題名:それは恋があればと思います 投稿日 : 2002年3月29日<金>11時02分

はなさんは恋をしたことはあるのでしょうか?
セックスが先ではなく恋をしてからセックスしたことはあったのだろうかと
ふと考えてしまいました。

さて、「性欲を高めるよい方法」ですが恋をすることにつきると思います。
薬で決定的なものは合法的にはないでしょうし薬では嫌ですよね。
射精を一切しなければ、性欲は高まるでしょう。
でも究極のものは激しい恋ではないかと思います。

話はまた・ややそれますが、私は人に性欲がなかったらと考えることがあります。
(人類の滅亡とかはおいておいて)
この世に性欲があるので、幸せなこともある反面、様々のやっかいな問題が起きてきます。
パートナーがいなくて性欲がない、
もしくは、いてもどちらも性欲がなければそれなりに幸せでしょうね。
性欲がなければセックスすることの楽しみは無くなりますが、
食欲と違い生命に支障ありませんし人生の心配や悩みが相当に減ると思います。

心理学者の岸田秀氏は「性欲は幻想だ」と論破しています。
つまり氏は最初からそんなものは幻想だといっているのです。
この掲示板で色んな相談を受けていて、やはりそうなのかなと思えることも多くありました。
人は性欲があって当たり前という前提で考え悩んでいるのですが、
本質を考えると実際には性欲が無くなったのにまだあると強固に思いこんでいるだけの場合や
性欲があるのにもう無いと思っていたりすることがあるのです。
このように性欲には幻想が少なからず入っているように思います。

さらに興味のある方は氏の「性的唯幻論序説」をお読みください。
参考までに関連URLです。