●さと 題名:過呼吸について 投稿日 : 2004年5月30日<日>18時49分 返信

34歳です。
現在バツイチで定期的に性的交渉を持つ特定の男性がいます。
10代後半から20代では、セックスが終わった後、
手足の痺れに気付いたり、失神した事もあります。
また、セックス以外でも、陣痛時と緊張やストレスによる過呼吸の経験もあります。

今回、ご相談したいのはの、セックスが終わって余韻が抜けきらない数時間後に、
手足と顔面の痺れ、立ちくらみ、失神等の過呼吸の症状が出る事についてです。

初めてセックスしてから20年ほど経ちますが、
数時間後に過呼吸の症状が出たのは、先月が初めてです。

月経前困難症や、パニック障害等の症状もあり、就業に支障をきたすため、
生理に関しては漢方薬からピルに切り替え、精神安定剤も服用する事にしました。
切り替えたタイミングは先月性交があった後です。

先月過呼吸らしき症状がでたものの、性交後数時間経っていたことと、
就寝中に症状が出たため、過呼吸と結びつける事が出来ずに、
脱水症状だと思い、水分を摂る事で対処しました。

今回も就寝中に起きましたが、先月症状が出た事をパートナーに伝え、
自分なりに整理をつけられていたためか、過呼吸だろうと判断する事が出来、
夜中に袋を持って呼吸を繰り返す事を小一時間続け、
自覚症状が出てから二時間後には、ほぼ痺れはなくなりました。
更に数時間後、寝汗をかいたため、気をつけながら朝風呂に入ったものの、
立ちくらみを起こしてしまい失神しました。

仕事でストレスを抱えており、
パートナーと会う時間が唯一、甘える事が出来る時間なため、
セックスによる過呼吸というよりも、抱えているストレスが
セックスをする事によって出てくるのではなかろうかと、自己判断していますし、
こちらで相談するよりも心療内科や産婦人科で話した方がよいかとも思うのですが、
文章以上に、喋り言葉で意思伝達する事が不得手なため、
対面した状態で上手く伝える自信がないのです。

「過呼吸 性交」で検索し、
こちらのサイトに辿り着き過去ログは拝見させていただきました。
性交後、余韻が残った状態で数時間経った後、緩やかな状態で過呼吸になり、
痺れが出る事によって過呼吸に陥っていると自覚するというのは、
セックスの延長なのか、それともセックスは引き金に過ぎない
別の問題が出てきているのか。
別の問題なら、心療内科や産婦人科以外で診察を受けた方がいいのか、
判断する事が出来ません。

長文悪文で失礼しました。回答の方よろしくお願いします。
————————————————————————
Res:Dr.M 投稿日 : 2004年5月30日<日>21時51分

状況から過呼吸症候群とは考えにくいと思います。
(過呼吸をしていないのですから)
これはあなたの心の問題のように思えます。
今の二人の状況をすべては容認できないというようなことはありませんか?
私にわかるはずもないのですが、彼との「今」が嬉しいけれど辛いというようなことはないのでしょうか。
そのあたりを探ってみると原因が見つかるかもしれません。
人は往々にして好きだけど嫌いということをしていることもあるものです。

Res:さと 投稿日 : 2004年5月31日<月>00時11分

早速のお返事ありがとうございます。

仕事のストレスから過呼吸が起こったと受け止めていましたが、
過呼吸はと似て非なるシロモノで、原因は別だと考えた方がよいのですね。

心当たりは十分過ぎるほどあります。
既に知り合って20年近く経ち、初めて性交渉を持ってからも15年程になり、
音信不通な時期も含め紆余曲折があり現在に至っています。
非常に辛かった時期も確かにありましたが、今は、歯がゆさを感じています。

おこがましい、奢った発想であり、
自分の事は棚に上げた物言いであるのも承知してますが、
彼と接していると、社会的なジェンダーに囚われながらも、
解かれる事を望んでいるように思えてなりません。
このことに関しては彼の領域であり、
ここで書くべきことではないので詳しくは触れずにおきます。

ご縁が続くようなら、時間が掛かっても改善されていくでしょう(多分)。
20年前よりは快適になってますから(^^;
今回の”痺れ”と”失神”についてもメールで報告はしましたし、
当たり前のように返事はきませんが、気にはとめてくれているでしょうから。