●tomo 題名:色々悩んでます。 投稿日 : 2005年6月15日<水>01時48分/神奈川/女性/38才 返信

うちの中に「レビトラ」という薬のごみ(?)を見つけて、
レビトラってなんだろうと調べてここにたどり着きました。
私は結婚して一年ちょっとです。
子供が欲しいと主人とともに思っています。(主人も同い年です)
只、彼が仕事で忙しくナカナカ思うようにセックスは出来ていません。
(彼からはほとんど求めてきませんが・・)
昨秋 私が求めたら、主人が
「(セックス)出来ないんじゃないかと思うとたたない!
毎日いちゃいちゃしていると感じにくくなる」
というのです。
悩んで、今年三月に産婦人科に行ったら
「タイミングです」といわれ、セックスする日にちを指定されました。
その日になると主人に言うのですが、
彼はビデオを借りてきて それを観ながらでなければ出来ないようです。
只、ずっと観ていないと刺激がなくなって途中で萎えてしまうらしく、
私は取り残されたような気がして
今度は私のほうが感じられなくなってしまいました。
彼がいけば終わるので、取敢えず、途中で休憩はあるものの
(入れようとすると軟らかくなってしまうので・・・)
何とか射精までこぎつけています。
こんなんで妊娠するのかなーと悩みながら
どうしたらよいのか分かりません。
レビトラがなんだったのか主人に聞いたら、誤魔化したので
それ以上は聞けなくなってしまいました。
(聞いたときは私も知らなかったので不用意でしたが)
彼は彼なりに(薬を隠してまで飲んで)
ものすごく努力をしているのかな~っと思うのですが
このままの状態で一生過ごすのは お互いに良くないなーと思い
私の治す所があれば できるだけ頑張ってみようと思い
こちらに書き込んでみました。
因みに主人が寝ているときは、私が勝手に勃起させているときもあります、
寝ながら最後まではいきませんが。
でも、彼のパソコンの中には その手のビデオ(?)が沢山入っていて
私がいないときに観ているようです。

私がしつこくしすぎるのでしょうか?

そうそう 彼は正常位で足をツッパテでなければイケナイらしく、
いつも私ごと枕を抱えての姿勢です。
他の体位に持っていってもすぐにその姿勢をとりたがりますが、
逆らわない方が良いでしょうか?

すみません、変な質問ばかりで・・・他に相談できなくて、
もし お答え頂ければ幸いです。
————————————————————————
Res:Dr.M 投稿日 : 2005年6月15日<水>12時11分

人間以外の動物は繁殖期にだけ生殖のために性交しますが、
人間には繁殖期はなく年中性交する動物です。
さらに生殖のためにすることはむしろ希な動物です。
これを岸田秀氏は人間は本能が壊れているからだと指摘しています。
人間にとって性交は本能ではなく むしろ文化的なものであるのです。
みなさんも性交は種族保存の本能からしていると思っている方が大半でしょう。
このあたりを考え直すと、いままで解らなかった何かが解るキッカケになることもあります。

前置きが長くなりましたが、
夫君の性交は下腹部に突き上げてくるたぎるような性欲のためにしているのではなく、
日時まで指定された生殖のための性交義務のようなものですから、
それで萎えてしまうのは いかしかたないことだと思います。
その支えになればとレビトラを使用されたのでしょうが、
性欲がかなり萎縮しているので、肉棒にそれが伝わりにくかったのだと思います。
それでも何とか射精まで達するのは相当涙ぐましい努力をされているはずです。
妊娠は可能でしょう。

こっそり、ポルノを観ているのは生殖のためでないならまだ性欲があることを、
男として生存の証になんとか再確認したいのです。
これは彼の秘密の習慣なので決して追いつめないようにしてください。

性交で足を突っ張らないと射精できないのは、
自慰で長らく射精時に足をぴーんと突っ張っていた彼の癖のせいです。
恥ずかしいので この辺りも知らなかったことにしてあげてください。
なんとかなっているのですから、ほっておくのが一番です。

これはというような改善のアドバイスができませんでしたが、
なにかのお役に立てばと思っております。

Res:tomo 題名:有難うございました。 投稿日 : 2005年6月16日<木>18時06分/女性/38才

彼を追い詰めないで お互いに愛し合えたらと望むのですが、
そーっとして 見守りるように努めます。
実は先月、仕事で泊まりの時に同僚とファッションヘルスに行って
クラミジアに感染してきました。(本人は相当反省しているようなのですが)
そのときに限って 彼から求めてくることが多く
後から知ったときに、なぜ私がいるのに・・・とか思ったのですが
風俗に行ったことが刺激になったのかな?
と、先生のお話の中から感じました。
まだまだ悩むこともあるかもしれませんが、このペースでしばらく続けてみます。
本当に有難うございました。