自慰依存症だとは思います。

●22女 題名:自慰依存症だとは思います。 投稿日 : 2002年12月24日<火>13時23分 返信

女のくせに、と思われるかもしれませんが、
私が自慰行為を覚えたのは小学校に入る前でした。
もっとも、それが“ひとりエッチ”だ知ったのは中学1年です。
ただ“気持ちよくなること”だと思っていた行為だったので
歯止めをかけず毎日2~3回はしてきました。
今でもそうです。
特に道具を使うわけではないですが、
回数が多すぎることに不安を感じています。
クセのようなもので自慰の格好が決まっているし、
そうすると性感帯や内部構造の偏りが発生しますか?

けれど濡れます。
16歳あたりから「おりもの専用シート」を愛用しています。
エッチなことを考えなくても、自慰行為をしなくても、
下着が汚れるからです。
セックスのときも前戯の前から濡れています。
これは自慰行為を長年多回数しているせいでしょうか?

セックスでイッたことはありません。
男性側からすると、私のが後ろの方なのでやりにくいそうですし、
私は実際のセックスでは心因性の過呼吸などに陥りやすく、
快感を見つけたいとも追いたいとも思いません。

脳でイク、というのはよくわかります。
欲望として自慰行為を望むとき、
頭が望んでいるときと身体が望んでいるときがあります。
イクことで脳で発生する快楽物質には中毒性があるんでしょうか?

それから腹上死って言いますが、心不全ですよね?
自慰行為でも起こり得るんでしょうか?
————————————————————————
Res:Dr.M 題名:22才、まだまだこれからでは? 投稿日 : 2002年12月24日<火>15時13分

結論からいって性交の麻薬的快感を知れば自慰はおのずと減るでしょう。
たしかに相当な自慰歴の長さと回数ですし、それは依存を超えて自慰中毒症です。
濡れすぎるのはそのせいかもしれません。
だからといって性感帯に偏りが生じることはないと思います。
むしろ性感は研ぎ澄まされているのでは。
ですから、それで不感症になることはないでしょう。
まだ性交でのイキ方がわからないだけです。
あなたを上手に導く男性と巡り会えば必ずあなたも絶頂に達するでしょう。
過換気傾向は抑制しなければなりませんが、相手がまだ未熟なのではないですか。
性器の位置や性感帯は男性が相手の女性に合わせるものですよ。

性行為の絶頂で放出される脳内麻薬エンドルフィンは確かに中毒性をもった物質ですが、
自慰で放出される量より性交での方がはるかに多いと確信します。(達した場合)
ですから性交での快感を知れば自慰は抑えて、むしろそれを溜めたくなるものです。

腹上死・・・これは心臓だけではなく脳血管障害もあるでしょう。
興奮しすぎて起きるのです。
自慰でも興奮して血圧は上がるでしょうから、年令によっては危ないこともあるでしょう。
でもあなたはまだ若いのでそんなことまで心配することはありませんね。