自慰がやめられません 個人差と罪の意識

●海外駐在員 題名:自慰がやめられません投稿日 : 2005年7月1日<金>00時49分/海外/男性/36才

36歳男性です。
1歳年上の妻とは11年前に結婚し、元気な子供も二人おります。
もともと性欲が強いほうで、毎日でもSEXしたい方なのですが、
妻は、反対に性的に淡白なほうで、1ヶ月に1回で十分なようです。
そのせいか、自慰がやめられません。
30代中盤にもなるにも関わらず、
ほぼ毎日、時には2回も自慰に耽ってしまいます。
時には、自慰のし過ぎで集中力や体力が低下しているのを
十分に自覚しながら、寝る前になると、また……。
「青春時代ならいざ知らず、この年齢で、この回数は異常だ」
とわかっているのですが。
そこで質問です。
もちろん一般論で結構なのですが、自慰の回数には、
ある程度の上限があってしかるべきなのでしょうか?
それとも、個人差で、したくなれば、
あまり罪の意識を感じずに、してもよいものなのでしょうか?
————————————————————————————–
Res:Dr.M 題名:生きていること 投稿日 : 2005年7月1日<金>17時22分

性欲の渇望でしているというより、存在の手応えが欲しいのだと思います。
自慰は質量のない空砲のようなものなので、
回数でそれを埋めようとしても決して満たされることはなく、
何度も繰り返してしまう。
「今」生きていることを漠然と確認したいのです。
燃え尽き 生が果てるような性交があったなら、
あなたは自慰などしなくなるでしょう。
(このような性交が人生にごろごろあるわけではありませんけれど)

自慰をしすぎても肉体的には問題はありません。
上限というものもないのでさらに励んでもいいでしょう。
異常だと思うことや罪の意識は精神的に大きなマイナスなので
前向きにばんばん行うことです。

Res:海外駐在員 題名:ありがとうございました。投稿日 : 2005年7月1日<金>23時28分/海外/男性/36才

Dr.M、有難うございました。
後半部分を拝見し、精神的にかなり楽になりました。
有難うございました。