●ゆう 題名:考えすぎでしょうか・・・。投稿日 : 2005年7月7日<木>02時30分/大阪府/女性/29才

初めまして。結婚一年3ヶ月の29歳です。
32歳になる夫のことで悩んでいます。
私たちは、7年交際して結婚したのですが、
結婚当初からセックスが月に2回ほどです。
決してセックスレスというほどではないとわかっているのですが、
私は週に2回はしたいと感じています。
セックス自体は濃厚なほうだと思いますし、
刺激的な下着をつけたり、場所を変えたり工夫しているつもりなのですが、
なかなか回数は増えません。
最近、私がせまっても拒否されることが重なったのですが、
夫が自慰行為をしていた形跡があり、
パソコンにたくさんのアダルトサイトの履歴も残っていました。
このまま夫が、消費文化の刺激的な世界にどっぷり漬かっていき、
膣不感症、もしくは妻の私に
なんの刺激も感じなくなってしまうのではないかととても不安です。
男性が、妻よりもバーチャルな世界に「没頭している」兆しがあったら、
早めに話し合って、あまり見ないようしてもらったほうがいいのでしょうか。
(こっそり履歴をチェックしているので、言い出すのはとても勇気が要りますが。)
それとも、そのような予防策はせず、
明らかに膣不感症になってしまったら克服してもらう、
という構えでいたほうがいいのでしょうか。

こちらに相談させていただけることなのか、わからないのですが、
いろいろと工夫してみたものの、
画面の中の女性の新鮮さや、内容の刺激の強さを見ていると、
私はもう二度と彼にとって刺激的な存在にはなれないだろうという気がして、
落ち込んでしまいます。
お答えいただけたら、ほんとうにうれしいです。
————————————————————————————–
Res:Dr.M 題名:質量のないことなので投稿日 : 2005年7月7日<木>13時06分

夫君の自慰は彼のプチエロス的世界の密かな楽しみでしょうから、
それが発覚したのを知ったり さらに止めさせるというのはちょっと酷だと思います。
質量のないことなので大目にみてあげましょう。
没頭していても質量がある場合に比べたら可愛いもんだと思いますよ。
性交で射精できて後から男性膣不感症になることもありません。
人間 情熱に永続性がないのは仕方のないことですが、ある時は濃厚とのことですし、
回数にこだわることもないでしょう。
質量のない画像に嫉妬することもありません。

Res:ゆう 題名:ありがとうございました。投稿日 : 2005年7月7日<木>14時05分

ご回答ありがとうございました。
性交で射精できて後から男性膣不感症になることはないのですね。
安心しました。
私もプチエロス的世界を持ったりして、大きく構えていこうと思います(笑)