深刻です。ED

●たくちゃん 題名:深刻です 投稿日 : 2002年3月17日<日>01時17分 返信

29歳で初Hをする機会を得たのですが、勃起しなくてその後形成外科に行き検査を受けたのですが、体に異常はありませんでした。そしてまず自信をつけてくださいということでバイアグラを渡されました。その後次のデートで試したのですが、早漏ぎみながらも勃起して挿入でき2回セックスすることができました。回数を重ねて自信がついたところで薬をやめようと思ったのですが、その後つぎにセックスをする機会をもつことなく、彼女に振られてしまいました。インポ克服のため、市販の『マカ』を2月服用したり、ツボの刺激なども行いましたが、効果があがっていません。以前は心因性だと思い込んできたのですが、最近エロ本やAVを観ただけでは勃起しないのです。これらを観ながらオナニーしてやっと勃起する感じですね。ただ途中で手を止めるとすぐに萎えてしまいます。一人暮らしをして1年近く、食生活が不安定になったのもげんいんなのでしょうか。以前は街で好みの女性を見ただけで勃起していたのが嘘みたいです。これはもう一度大学病院など専門医にかかった方がいいのでしょうか。それともセックスパートナーのいない今、このような治療、トレーニングは意味がないでしょうか。彼女は僕の性格的なことを理由に別れを告げられましたが、最後はできたといえ、セックスが理由なのではと疑っています。これがトラウマになってもう恋愛するのが怖いです。
————————————————————————
Res:ブラックジャック 題名:愛です 投稿日 : 2002年3月17日<日>07時12分
「子曰、吾十有五而志乎學、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而従心所欲、不踰矩」
「30にして立つ」というのは、「勃起」の意味ではありません。

別離の原因がセックスであったとするならば、「セックスにこだわりすぎた」せいです。愛する女性を傷つける事のないようにセックスを避けて振られた記憶はありません。

手を繋ぐ事もセックスだと定義するならば、セックスはとても大切な要素ですが、性行為などはバイアグラを常用する経済力があれば解決する簡単な事です。

Res:Dr.M 題名:愛飢男 投稿日 : 2002年3月17日<日>08時44分

セックスと愛を必ず同時にあるものだと固執しているばかりに、
大切なものが離れていくことがままあります。

自分が飢えているものは一体何なのかを考えてください。
あなたの場合、今一番必要なものは「愛」でしょうね。
ですから失われた「愛」を取り戻すために、
勃起機能の鍛錬に執着していても何も解決しないでしょう。

「愛」に巡り会えれば、あなたの本来の男性機能は、
新しい春の目覚めのように確かな蠢動を開始することでしょう。

その「愛」は自分で見つけるしかないものです。

Res:たくちゃん 題名:ありがとう 投稿日 : 2002年3月18日<月>08時54分

さっそくの回答、ありがとうございます。いままで女性経験がなかったからセックスにこだわってしまったのかもしれません。視覚的要因での勃起がほとんどないので、なにか自分の潜在意識に影響したものがあるのか不安なのですが、そんなことよりももっと大事な事を模索しようと思います。

Res:Dr.M 題名:悩んでいる本人は、 投稿日 : 2002年3月18日<月>15時59分

悩んでいる本人は、自分の悩みの一面性だけにとらわれていて、
解決の糸口が見えない閉鎖回路の中でドツボにはまってしまい
さらに深刻になっている場合が往々にしてあります。
どのような悩みでもそうした面があるでしょうね。
それは一人で主観的に悩んで本質を見失っているからです。

こうした場での相談でも、 それが思わぬ転換点になり、
新しく一歩踏み出せるきっかけになればなによりです。

悩んでいる「今」も、いつか懐かしい「記憶」になる時がくるでしょう。