●たろう 題名:感謝&質問 投稿日 : 2002年6月10日<月>12時33分 返信

31歳の男性です。ここのHPを見て認識できたのですが、典型的な男性膣不感症&EDです。
今の彼女とは、挿入前は勃ってますが、入れるとすぐに萎えてしまい、結局口でしてもらうということが長く続いていました。彼女には悪いと思っていたのですが、もう治らないとあきらめていました。
しかし、それが原因で他の男とSEXしていること彼女から告白されました。自分のせいだということはよくわかっているので一方的に怒ることもできませんでしたが、やはり言い争いになり、その時、「(SEXできないことに関して)何も努力していないじゃない!」と言われてしまいました。
さすがにしばらく落ち込んでいましたが、彼女のことは本当に好きなので、他の男とはSEXして欲しくないし(まあ、当然ですが)、「何も努力してない」自分が結局そういうことを引き起こしたわけなので、このままでは最悪の結果が待ってるだけだと感じました。
ただ、知識が無いのでどうすればよいか分からず、まずインターネットで調べようと思い、色々検索している時にこのHPを見つけました。ED、男性膣不感症のことがよく分かりましたし、バイアグラに対するイメージも変わりました。また、他に同じような悩みを持っている人がいることもわかり、気持ちが楽になるとともに、本気で治そうという気持ちにもなりました。
自分の場合バイアグラがいいと思ったので近くの病院で処方してもらい、彼女にそのことを伝えたら、すぐ会ってくれて早速試しましたが、効果はすごくありました。彼女がイってしまった(自己申告)ので、そこで終り結局射精はできませんでしたが、1時間半程のあいだ、途中で萎えることがありませんでした。また、今まで入れていても挿入感さえなかったのに、その時はすごく感じることができました。(これは今までのSEXの仕方にも問題があったようですが)
驚いたのは、このことでオナニーする気が無くなってしまった事でした。彼女の中でイきたいという気持ちがとても強くなったからだと思います。
彼女も、ちゃんと努力してくれてるし、射精できなかったのは残念だけど協力するから治そうと言ってくれています。また、彼氏がちゃんとSEXしてくれるのなら他の男とSEXする必要はないんだから、もう他の男とはSEXしない、と言ってくれました。
本当に思い切って行動して良かったと思います。そのきっかけを作ってくれたのがこのHPです。このHPが無かったら、多分今でも悩んでたと思うし、彼女とも別れることになっていたと思います。本当に感謝しています。ありがとうございます。また、僕と同じような悩みを持っている人は、思い切って行動して欲しいと思います。きっといい結果が待っているはずです。
長々と書いてすみませんが、どうしても伝えたかったもので。
最後に質問なのですが。
①EDを治したいので、今後以下のことをしていこうと思います。
継続的に運動をする(血流がよくなるから)・やせる(そこまで太っているわけではないのですが)亜鉛のサプリメントを飲む(少ないと勃起し難いとの事なので)
これ以外に、いい方法があれば教えてください。
②男性膣不感症についてですが、射精できないままのSEXを続ける、というのはよくないのでしょうか?それよりは我慢してたまった時にSEXするほうがよいのでしょうか?実はあれからもう一度したのですが、射精できませんでした。射精していない期間は2週間です。また、オナニーは全くしていないし、我慢できると思います。
宜しくお願いします。
————————————————————————
Res:Dr.M 題名:イメージ・トレーニングを 投稿日 : 2002年6月10日<月>16時59分

このページがお二人の関係改善のお役にたってなによりでした。
内容を読んでいて、なんだか切なくなってきました。
男は辛いよね、気持ちが沢山つまっているものね・・・。(女もですが)

さて、たろうさんのEDは明らかに心因性のものですから、
サプリメント以上にイメージ・トレーニングが大切でしょう。
オナニーする気がしなくなるくらい彼女のことが愛おしくなったというのはいい方向だと思います。
さらに膣内射精のイメージを育ててください。
これはEDにも男性膣不感症にも同時に役立つと思います。

他で射精していないなら、そのままセックスを続けてもかまわないでしょう。
陰茎全体で膣をそして彼女を感じるようにイメージを膨らませてください。
きっと、うまく射精できるようになると思います。
もうすぐかもしれませんね。

ある本で、香港のナイトクラブのショーの話を読んだのですが、
それは舞台に立った一人の男が服を脱いでいき、裸になり、
手をまったく触れることなく勃起させ、しばらくして射精まで行うという内容のものでした。
そんなことが出来るのかと驚きました、これは男なら誰でも驚く話ですよね。
つまり頭の中のイメージだけでそれができるということです。
男性膣不感症の人はこのエピソードをバネにしてほしいと思います。
それは頑張ってください。