●YN 題名:性欲抑制剤
投稿日 : 2002年8月13日<火>03時32分 返信

当方の六十才、性欲過剰について悩んでおります。
妻五十八歳、Hはあまり好きな方ではなく、私の求めにもやっと応じてくれる程度です。
私もそこそこ社会的地位もあり、子供二人も社会的に活躍しており、一般に名が知れております。
現在不定期に付き合っている人妻もいますが、この様な事が社会一般に知れてしまいますと、私自身、又子供にまでその影響が及んでしまいます。
事あるごとに女性を口説くのも、セックスハラスメントになってしまいますし、自分の浅ましい姿にうんざりしています。
年齢も年齢ですし、そろそろ性欲とも縁を切りたいと思っておりますが、精神修養だけではとても解決しそうにありません。
精神安定剤を飲んだこともあるのですが、ほとんど効き目がないようです。
何か専門的な薬はない物でしょうか?真剣に悩んでおります。
————————————————————————
Res:Dr.M 題名:そのような性欲抑制剤はありません
投稿日 : 2002年8月13日<火>10時06分

現状に効く性欲抑制剤はありません。
(私の知る限りですが)
でも性欲がそこまであるのは男として結構なことだと思います。
ほとんどの人はその性欲をあえて無くしたいとは考えていませんし、
性欲というものをそれほど深くつきつめて考えてはいないでしょう。
人の多くの行動の動機の深いところに性欲から来ている下心が潜んでいるものです。
性欲が無かったら、もてることも浮気も不倫もすべて色褪せてしまうことでしょう。
YNさんは、むしろその開放感が欲しいのだと思います。

でもよく考えてみてください。
今ある性欲は、若い頃とまったく同じ質のものでしょうか?
したくてしたくて堪らなかったあの頃のものと。

性欲は年令とともに本質を変えていくように私は思います。
よく種族保存本能が性欲の源のようにいわれますが、
はたしてそうでしょうか?

性欲は「いま自分が在る」という証が何度でも欲しい。
その渇望のために性交を繰り返している、そのような気もするのですが・・・。
在ると思えば在る、無いと思えば無いような現世(うつしよ)の。

Res:YN 題名:性欲過剰
投稿日 : 2002年8月13日<火>10時37分

>性欲が無かったら、もてることも浮気も不倫もすべて色褪せてしまうことでしょう。
>YNさんは、むしろその開放感が欲しいのだと思います。

女性の性欲と男性のそれとでは、根本的に大きく違うということに最近気がつきました。(少し遅かったと思いますが・・・・。)
結局その相違が、「中高年夫婦の性の不一致」につながると思っています。
実は私、音楽家でございまして、何もかも忘れて「音楽に没頭したい」が最近の心境です。
どうしても「性への欲望」が邪魔をして、気が散って困っています。
1日も早く悟りを開いて「仙人になりたい」が嘘偽らざる気持ちです。

>そのような性欲抑制剤はありません。

何か、ありそうな気もします、が、この男性の悩みは、女性の方には「理解しがたい」事だと思います。
性欲抑制には「はこべの葉っぱ15グラムを飲むと良い」と他のHPで読みましたが、
「煎じてお茶で飲む」のか、「そのまま生で食す」のかそのあたりはご存じありませんか。
愚にもつかぬ、質問で申し訳ございません。

Res:Dr.M 題名:芸術と性欲
投稿日 : 2002年8月13日<火>14時10分

私的意見ですが芸術家には性欲は強くあった方がよく、
性欲がある故に作品に命の躍動感が吹き込まれるような気がします。
食欲と違い性欲は人間の生命維持には関係ない欲です。
ですから、ある意味で文化的な欲の源泉のようにも思うのですが、
YNさんの創作活動の邪魔になるほど面倒で過剰な性欲というものは、
常軌を逸した桁違いの強さなのでしょう。
そこまでの性欲を抑えたら、作品にまで影響がでないのかと心配になったりしてしまいます。

うーむ、このあたりは抑えるより、うまく放出する状況の方がいいようにも思いますが、
ま・それが非常に難しいことなので、今回投稿されたのでしょうね・・・。

「はこべの葉っぱ」についてはまるで知識がありませんので分かりません。

Res:YN 題名:性欲抑制剤 ナズナ
投稿日 : 2002年8月14日<水>12時54分

お忙しい中、ご丁寧な回答ありがとうございました。

>邪魔になるほど面倒で過剰な性欲というものは、常軌を逸した桁違いの強さなのでしょう。

1つお断りしておきますが「過剰な性欲vs強さ」は別物です。
「強さ」につきましては、普通だと思います。

>「はこべの葉っぱ」についてはまるで知識がありませんので分かりません。

このようなサイトを見つけました。
http://plaza.harmonix.ne.jp/~tisato/kenkou5/kenkou5.htm
「性欲抑制剤」なるものの必要性を感じるのは、私だけなのでしょうか。

Res:Dr.M 題名:性欲
投稿日 : 2002年8月14日<水>16時19分

性欲の過剰さと強さとは別物でしたか、失礼しました。
話は少しそれますが肥満をふせぐために中枢性の食欲抑制剤があります。
マジンドール(サノレックス)という薬ですが、まったく人気がありません。
一方、まだ、日本では認可されていませんが食べても太らない薬は非常に人気があります。
人は欲を楽しむことを選ぶからです。

ですから同じように性欲抑制剤があったとしても、バイアグラ程のニーズはないと思います。
基本的に人間は欲を抑えたくはないのです。
YNさんのように目的意識をもってそれを無くしたいと思う方は決して多くはないでしょう。
しかし、性欲の無い世界を考えるのは面白いものです。
価値観が大きく変容することは確かですね。

私は以前から性欲は幻想と紙一重と述べているのですが、(原典は岸田秀氏)
性欲があるから邪魔だと思えるような状況だから、よけいに性欲が旺盛になっているのでは・・・。
逆にいつでも十分満たされる状況なら性欲は弱くなると思います。

ナズナ以上の効果があるかもしれませんので下記の本を一読されることをお勧めします。
性欲の本質を別の角度から考えてみるのもいいかと思います。
性的唯幻論序説��岸田 秀 (著) 文春新書