後背位

後背位
投稿日 2001年12月14日(金)06時40分 投稿者 動物

11/30のQAには感心しましたが、正常位でセックスする動物はイルカ類くらいのものだと思いますが、
人間以外の動物はクリトリスの位置が違うのでしょうか? それとも、快感の構造がクリトリス以外の仕組みによるのでしょうか?

後背位についての質問に、性的唯幻論からお答えします。
 投稿日 2001年12月14日(金)12時30分 投稿者 Dr.M

動物さんへ。
私は動物の性については、ほとんど詳しくないのですが、
動物と人間の最大の違いは、動物は本能的に生殖のためのみに性行為をおこなうのに対して、
人間は生殖目的の場合より、
ほとんど快感目的のためにセックスするというところだと思います。

ですから、イルカが正常位で感じているか?
その他の動物が後背位で感じているのか?
となると、おそらく快感には人間ほど執着していないでしょう。
でも射精の快感くらいはあるのだとは思いますが。

クリトリスの位置は人と同じだとおもいますが・・・
詳しくないのでイルカにそれがあるかどうかまではわかりません。
どちらにしても動物は本能的にセックスしているだけだと思います。

一方、生殖目的以外でセックスをするのは人間だけで、
ほとんど、快感のためにしているのは人間だけでしょうね。
つまり別ないい方をすると人間だけが本能ではセックスしていないのです。
本能は性欲より生殖が主なものですから。
などといったら大反論もあるかもしれませんが、先まできいてください。

岸田秀氏(唯幻論者)が常に言い続けているのですが、
人間は本能が壊れた生き物で、もう付加価値をいろいろつけないとセックスできないのです。
この考えから説明すると人間にとっては後背位というものは、
生殖を主な目的にしていた頃の原始人のなごり的体位だと思います。
動物的付加価値というか。
後背位という付加価値で女性は精神的に嗜虐的な快感を伴うようですが、
絶頂にまでは達しないというのは古来からの歴史的なことなのかもしれませんね。

岸田秀氏の性に関しての考えに興味を持たれたら、
「性的唯幻論序説」(文春新書)を一読されるといいでしょう。
人性?からウロコが何枚もおちると思います。
この本ついては次のURLに書評等も載っています。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4166600494/qid=1008295097/sr=1-4/ref=sr_1_0_4/250-9894637-0120268

後背位における快感

投稿日 2001年12月14日(金)13時15分 投稿者 動物

長文のご回答ありがとうございます。大変勉強になりましたことを感謝致しますとともに、お医者様に対する質問として適切でなかった部分をお詫びいたします。
岸田先生のお説は今後勉強させて頂くとして、「人間は本能ではセックスできない」とか、「人間は本能が壊れた」という部分には納得できませんので、少し書かせて下さい。
そうではなくて、人間は本能の何倍も支配力の大きい大脳がコントロールしがちであると言う事で、底辺には間違いなく本能があると思います。
また、全ての生物は植物も細菌も含めて一つの「快感原則」に従って行動するように設計されているそうです。
2大欲求である食欲と性欲の元となる固体保存と種族保存の法則も食事と性交が大きな快感が得られる事によって成し遂げられるものと思われます。
人間の場合、局部の快感に加えて脳内麻薬の快感が大変大きいので、きわめて複雑になっているのですが、逆にいうと大脳の発達していない動物ではむしろ局部的に快感が得られない事を好んで行うとは思えません。
質問させていただいた発端はここにありますが、人間が(女性が)あまり大きな局部的快感を得られないにもかかわらず、後背位でセックスする理由に関してはまさに目から鱗のご解説を頂いたものですから、人間専門の先生にこのような質問をしてしまいました。
人間も発達しすぎた大脳を持ってはおりますが、人間である以前に動物でありますのでぜひとも知りたいと思います。後背位でセックスをする動物は絶対に快感が得られている(発情期以外は苦痛だと思われるが)からこそするのであるから、その仕組みはぜひとも知りたいと思っております。別に急ぐ訳ではありませんので、獣医や生物学のご専門のご友人にでもお尋ねいただければ幸いでございます。
大変失礼なお願いではございますが、どうかよろしくお願い致します。

コメント  Dr.M
その後、イルカの交尾のことを海の生物に詳しい方に聞いたのですが、
イルカは哺乳類の中で明らかにセックスを楽しんでしているそうです。
正常位もイルカだけのようですし、クリトリスがあるのかもしれません。

Re: 後背位における快感
投稿日 2001年12月14日(金)15時54分 投稿者 Dr.M

動物さんへ。
岸田氏の考えは、断片的なさわりでは誤解を招きかねませんので、
機会がありましたら下記の本をご一読ください。
他に類をみないユニークな理論展開で、
読前後では人生の空気の色がまったく違ってくるような気分にさえなるものです。

「人間は本能ではセックスできない」とか、「人間は本能が壊れている」などといきなり、
言われたら以前の私でも何ということ!!と驚いたでしょう。
ちょっと、常識を逸脱して過激でしたかね・・・

私の回答は手術や薬に関するもの以外は、医師というより哲学的?に修飾してお答えしています。
また深くを全て知り尽くしたつもりで
返答しているものではありませんので、ご了承ください。

さて、動物の性行為にどの程度の快感があるのかわかりませんが、
私も全く無いとは思いません。
「快感原則」については、いままで深く考察したことがありませんが、
動物さんの意見にも一理あると思います。
ご意見ありがとうございました。

ただ、性に関して動物がさらに人間と違うのは、
何故、動物はある時期だけ性行為をするのかということです。
このように動物には発情期があるのに、人間は年中発情期ともいえます。
性欲による快感が食欲と同程度、常にあるなら動物も年中しているはずなので、
この辺りを岸田氏は人間は動物としての性本能が壊れているといっているのです。
(ここがとても斬新なのですが・・・)

動物さんの言われている本能の意味あいに若干違いがあるように思いますが、
私が岸田氏の代わりにお答えするにはあまりに力不足ですので、
是非「性的唯幻論序説」をお読み下さい。
お勧めいたします。 これも何かの縁ではないでしょうか。

Re: 後背位
投稿日 2001年12月14日(金)17時02分 投稿者 動物

ありがとうございました。