彼が感じないんです 心と性器の問題

●みう 題名:彼が感じないんです  投稿日 : 2006年3月19日<日>13時42分/大阪府/女性/30才 返信

はじめまして。48歳の彼のことでご相談です。
彼とは仲良くなってから1年程なのですが、子供の頃に父親からの虐待や言葉の暴力、
知らないおっさんに体を舐められるなどの経験があり、両親や祖父母からの愛情を感じられず、
人から愛されたり、愛したりすることが希薄で、体を触ることも触られることも拒絶していました。
今まで誰とも付き合ったことがなかったそうです。
好きという気持ちがどういうことなのかもよく分からなかったようでしたが、 いろいろありつつも、
1年かけて「私のことを好き」「手を握る」「隣で寝る」「体をくっつける」「抱きしめる」
「キスする」「お互いの体を触る」といったように順番に心の面と体の面を克服してきました。
この間彼の誕生日旅行をこっそり企画し、体も心もリラックスした状態で遂に夜!
彼もがんばってくれてようやくSEXすることができました。
が、しかし…!「なんか、痛い」「締め付けられてるかんじはするけどなんにも感じない」「しんどくなってきた」と、
あまり動かしませんでしたが痛みを訴え、5分くらいでやめてしまいました。
「もっと気持ちのいいものかと思ってた…。
これでこういうのが嫌いになったらどうしよう」と、ガックリきてしまいました。
彼は自分で触ったこともあるようなのですが、自慰、と呼べるほど触っているのかはイマイチ分かりません。
とにかく、「大きくなると痛い」「小さいときに先にむいておくと痛くないけど、大きくなってからだと痛い」
「大きくなると尿道のあたりが痛いときと、SEXした後先が赤くなって痛い、初めての後亀頭がすりむけてた」
「いれてから、強い力で曲げられているようで痛い」
だそうです。むくと痛がるので、今まで2回したのですが、2回ともむかない状態でコンドームをつけて行いました。
本人は、自分は学習障害だ、と言っており、本人曰く、「感覚が過敏で、スーっと触られたり、服でも擦れるやつはだめ 」
だそうです。
べちょべちょしたことをとても嫌がり、抱き合うのも、体と体が直接触れ合うことはあまり好きではないようです。
私の性器に触れるのは下着の上からだけで
(それは恐らく恥ずかしいのと、何か良くないことをしているように思っているからと思われます)、
初めてのときも、抜いたあとべたべたしているのにびっくりしてすぐに洗いに行ってしまいました。
また、数ヶ月前に仕事からくる過度のストレスから尿道炎になったことがあり、
薬を飲むほどではないと医師に言われたそうですが、最近も時々痛みがあるようです。
そもそもSEXはいやらしい行為で、男性はお金で女性を買うくらいの欲望にまみれた、汚らわしい、
何かそういう変な固定観念があるようで、本当は愛情を与え合って癒されるとてもいいことなんだよ、
と説明してもいまいち掴めない様子です。ペッティングでは私が感じていることに喜びを感じるようになったようです。
というわけでして…。
これはもう、心の問題だけなのか、性器自体の問題もあるのか、歳も関係あるのか、どうしたらいいのかと悩んでいます。
少しずつ二人でしていこう、とは言っていて、彼もがんばってくれてはいるのですが、
このままSEXすることがプレッシャーになったり、嫌いになったらどうしようかと…。
長くなって申し訳ありません。
体だけの問題ではないので、あまりに困って投稿してしまいました。
一応、明日もう一度泌尿器科を受診するつもりみたいです。どうぞよろしくお願いいたします。
————————————————————————————–
Res:Dr.M  題名:狭窄型包茎  投稿日 : 2006年3月19日<日>15時36分

心の問題についてはもつれ過ぎているようでなんともコメントできませんが、
彼の性器には問題があります。
それは狭窄型包茎の症状です。
包皮口が狭いために勃起して剥くと締め付けられて痛いのです。
このため性交はとても辛いものになります。
これを治療するには手術が必要ですから泌尿器科で相談してください。
狭窄型包茎については、「包茎」「画像」等で検索すれば分かるでしょう。

Res:みう 題名:性器に問題が!  投稿日 : 2006年3月19日<日>20時06分/大阪府/女性/30才

回答ありがとうございます!
>心の問題についてはもつれ過ぎているようで
やっぱりもつれ過ぎでしたか。
そして性器に問題アリだったんですか~。
いつのことかは分かりませんが、以前泌尿器科を受診したときには仮性包茎だけど手術するまでもない、
とは医師に言われたそうです。
その割におかしいなぁとは思っていましたが…。
さっき彼と会ったときに、もう痛くなくなったから病院行くのやめる、
と言われてしまったのですが、やはりもう一度受診してもらいます!
少し勇気が湧いてきました。ありがとうございました!