●3児の父 題名:年とったらどうしているのですか? 投稿日 : 2002年4月20日<土>01時49分 返信

教えてください。42歳になる3児の男で、15年前の結婚を機に包茎手術を受けました。カウンセリングを受けている時、シリコンボールに興味があり、話をしているうち、ついつい入れるてしまいました。それからボールに違和感(ずれる等)を感じ再手術しました。そのとき、さらに追加してしまいました。(妻も嫌がってはいないようでしたし?) しかし、子供も大きくなり、一緒に風呂に入ったとき「お父さんの変」といわれました。そのときは、「病気、できものだよ。」といっていたのですが、小学生になって、「お父さんの病気でぶつぶつだよ」と友達に話しているのを聞いてしまいました。「どきっ」。いつかは、取らないとは、思っていたのですが・・・。私のようにボール入れられている方は、どうしているのですか? あまり高齢で手術をするのもいやですし、体にも負担がありそう。一生取らないとか? もし、年とって介護でもされたらっと考えるようになりました。
————————————————————————
Res:Dr.M 題名:シリコンボールを取るのはとても簡単です 投稿日 : 2002年4月20日<土>07時26分

シリコンボールの除去はとても簡単な手術で通院も不要です。
現在、特にボールの御利益がないと感じておられるならすぐにでも、
もっとお入れておかれたいならそのままでも、
本人の希望でいつでもとれます。
歯を抜くのよりはるかに簡単です。

一生おいておく方も多いようですが、
中には60代になって除去される方もおられます。
お父さんの病気のブツブツは、もうお子さんにわかってしまっているので、
治す?のはいつでもいいのではとも思います。