●アレグロ 題名:夫 投稿日 : 2005年3月15日<火>09時17分/東京都/女性/48才 返信

夫は40代半ば。結婚15年になります。
自営なのですが仕事が忙しく、平日はほとんど帰宅できません。
土日さえ、時として一日のみのお休みだったりします。
そんな状態が二年近くになります。
最近ずっと夫とのセックスは騎乗位です。
夫曰く、正常位だといきにくい。
ですが、騎乗位でも、私が疲れてしまい、
最後は手でということもよくあります。
これは、男性膣不感症予備軍とでもいうことでしょうか、
それとも、ただ性的興奮が今ひとつということなのでしょうか。

できれば、一緒になってる状態で、つまり膣で夫に達して欲しいのです。
理由は二つ、一つはやはり精神的なつながりを感じたから、
もう一つは、これはちょっと功利的理由なのですが(汗)
自分が達してしまってる上に疲れてもくる、
やっと終わったという安堵感はあるのですが、
自分の余韻を楽しむことができない。
私は汗だくだく、何だか私が男になった気さえしてしまいます。

先生の書かれている解決方法を夫が実行できればいいわけですが、
夫にそうしてとはいえません。
それに夫が会えない平日どうしているかもわかりませんし、
いずれにせよ、そこまでオープンに話しをすることは今のところ無理です。

膣でいくための方法が何か他にあるでしょうか。
それとも、膣で全くいけないのではないので、
膣不感症とはまた違ったことでしょうか。
————————————————————————
Res:Dr.M 題名:これだけでは原因がわかりませんが 投稿日 : 2005年3月15日<火>15時47分

男性膣不感症は長い間の自慰癖に問題がある場合が多く、
後から男性膣不感症になることは希なので、これは他の原因ではないかと思います。

可能性としては
1)お外でおもいっきり出しているので、お内では出にくいか出さなくても平気。
2)性交自体が面倒なので射精までしなくてもいい。
(この場合、体位に関しては上に乗ってまで腰を使うのがシンドイので騎乗位の方が楽)
3)ストレスによる射精障害。
4)抗うつ薬の副作用。
などがあります。
解決策はそれぞれで違ってくるでしょう。
1)でないといいですね。
この場合もオープンには話さない方がいいと思います。