●ダイスケ 題名:亀頭直下埋没法の手術を受けて 投稿日 : 2005年5月30日<月>01時59分 返信

22歳の男です。
僕はカントン包茎だったため、三月に手術を受けました。
傷跡がまったく目立たない「亀頭直下埋没法」というのがあるとかで、
僕はその手術を受けたんです。
ところが、手術を受けてから一ヶ月の術後の安静期間の間に
なにげにネットサーフィンをしていたら、
「亀頭直下埋没法」の手術を受けた人の記事が載っていて、
そこには「SEXの快感が激減した」
「手術を受けなければ良かった」と書かれていました。
なんでも、亀頭直下のピンク色の部分の性感帯を切り取ったとかで、
ほとんど感じなくなったとからしいのです。
私は術前に医師から「術後の性感帯の減少」については
【まったく説明されていませんでした】
ただ、傷跡が目立たないということしか説明されませんでした。
そして、手術を受けて二ヶ月ぐらいして風俗にいったのですが、
フェラチオをしてもらっても
「ほとんど何も感じません」
それから何度も風俗にいったのですが、
やはりフェラチオでは全然イク気配がなく、
手でシゴいてもらって一時間かけてようやく一度イケるぐらいです。
やはり口より手の方が圧迫の力が強いですからね。
僕は童貞なので女性の膣に入れたことはありません。
手で一時間かかる男が膣の中に入れたとしたら、
ちゃんと射精出来るのでしょうか?
もし、膣より手の握力の方が強かったとしたら、
まったくイケないのではないでしょうか?
あと、亀頭がほとんど何も感じないのです。
ただくすぐったいだけなんです。
亀頭をこすられるとただ痛いだけですし・・・。
男がどういう快感で射精するのかは知りませんが、
もし圧迫感とは別に「ヌルヌル感」でも射精するのだとしたら、
僕はそれではもう永遠に射精は出来そうにありません。
自分で自慰をする時は三分ぐらいで射精出来ます。
この性感帯を元に戻す方法はないのでしょうか?
たとえセックスをしたところで、
本来感じる100%の快感を絶対に感じる事が出来ないのだと思うと、
いつも死にたくなります・・・。
————————————————————————
Res:Dr.M 題名:自己暗示の呪縛 投稿日 : 2005年5月30日<月>08時13分

何度も書いていますが、亀頭がある限り感度には大きな問題はありません。
手術したから感じなくなったと思いこむ方が余程悪い影響を与えます。
永遠にダメだという自己暗示をかけると本当にダメになりますよ。
その呪縛を自分で外すことです。
恐怖は悲観的で脆弱な心理に宿るものなのです。