●くに 題名:なやみ。 投稿日 : 2004年7月25日<日>07時57分 返信

26歳の男です。
自慰でいった後、亀頭や尿道に灼熱感を感じ痛みがあります。
いかなくても、石鹸で先っぽを洗ったり、
口で先っぽを刺激されると痛みがあります。
先っぽがどうもダメで、セックスも感じません。
ある日突然こうなったのであれば、性病も疑うのですが、
そうでもないのです。
普通は口でされて気持ちよくないというのはあるでしょうが、
痛いというのは性病を疑うべきなのでしょうか?
一般的にHで気持ちいいというのは肉体的に感じるものをいうのか、
精神的に感じるものをいうのかどちらなんでしょうか?
セックスで気持ちいいと思わないのは、
一般的に精神的に感じるものなのでしょうか?
自慰ではいくときに少し肉体的に感じます。
夢の中でのセックスも肉体的に気持ちよく
現実にいったこともあります。
————————————————————————
Res:Dr.M 投稿日 : 2004年7月25日<日>18時24分

仮性包茎で、ほとんどかぶったままになっているため、
亀頭が知覚過敏になっているのではと推察する。
普段からなるべく剥いて亀頭を刺激にならしておけば解決すると思う。

セックスは男女おたがいの肉体と精神が共に癒合し共鳴して達するものが最良で、
精神的な高まりは必須なものといえるでしょう。(なかなかいつもそうとは限らないけど)
自慰や風俗での射精は肉体だけの一方的な快感なので、ココロまで十分に満たされることはない。
風俗はその寂しさを少しでも虚飾しようと、色んなアイデアの工夫があるわけだけど、
所詮買い物なので恋愛にかなり近い形になっていても「思い出」にはなり得ない。
「思い出」は大事にとっておきたいもので消耗品とは違うのです。
たとえイメクラで存分に射精して、それがどんなに気持ちよくても、
それを人生の大切な「思い出」にしている人はいないものね。