バイアグラとは

Viagra (Sildenafil)

バイアグラ(シルデナフィル)はファイザー社(アメリカ)によって開発された世界初の経口ED治療薬で、1998年3月にアメリカFDAで承認された。狭心症の治療薬を開発中に勃起作用が発見されたというエピソードもある。日本国内でバイアグラは1999年3月に日本ファイザー社から発売された。バイアグラの出現前には経口ED治療薬というものは存在しなかったのでED治療はバイアグラによって革命的な局面を迎えた。

バイアグラは世界120カ国以上で承認され広く普及しており、世界で3500万人の男性が使用している。ファイザー社の資料によると1秒間に6錠のバイアグラが処方されていると推計されている。バイアグラはPDE-5阻害剤と呼ばれる勃起不全(ED)治療薬で、作用機序は陰茎海綿体で勃起に関与するPDE-5という酵素の働きを抑える(阻害する)ことによって勃起の持続力を促すというもの。その後バイアグラと同じPDE-5阻害剤という系統のED治療薬はレビトラ、シアリスと増えたが、バイアグラは現在でも世界で最も知名度があり人気の高いED治療薬である。服用して1時間くらいで効き始め4時間くらい効果は続くが刺激に対して反応しやすくなる薬であるため勃起が継続するものではない。

バイアグラは生活改善薬ともいえる薬ではあるが精力増強剤ではない。バイアグラは陰茎海綿体に直接作用するもので性欲には影響なく精力が強くなるというものではない。バイアグラの成分であるクエン酸シルデナフィルは肺高血圧症にも適応が認められ、現在、その治療薬としても使われている。

Translate »